相続・贈与に関する税制

Q:遺産の分割は、遺言書の有無によってどう変わるのですか?

A: 遺産分割の際、被相続人の意思を反映させることを目的に、遺言書は作成されます。
分割にあたっては遺言書の内容が最優先されるため、特定の親族にたくさん遺産を与えたい場合などには遺言書にその旨を記載します。

遺言書が作成されなかった場合、あるいは遺言が無効となった場合には、法律によって定められた分割方法に沿って遺産の相続が行われます(法定相続)。

≫質問一覧へ戻る

◆ じっくり検討してみませんか?

あなたの会社には、もっと良い事業承継の方法があるかもしれません。 ≫承継方法を比較する

親族に承継する 従業員等に承継する 廃業・売却を検討

PAGE TOP