相続・贈与に関する税制

Q:「相続の開始を知った日」の定義は?

A: 遺産を相続する本人が、自らのための相続が始まっていることを認識した日を指します。
つまり、「亡くなった先代から財産を相続するという事実を、相続人本人が知ったその日」ということになります。

よって、被相続人が亡くなった日(あるいは死亡を知った日)とは関係しません。また実際に相続が始まった日のことでもありませんので、注意しましょう。

≫質問一覧へ戻る

◆ じっくり検討してみませんか?

あなたの会社には、もっと良い事業承継の方法があるかもしれません。 ≫承継方法を比較する

親族に承継する 従業員等に承継する 廃業・売却を検討

PAGE TOP