相続・贈与に関する税制

Q:「議決権制限株式」とは何ですか?

A: 議決権制限株式とは、株主に与えられる権利が通常の株主と異なる「種類株式」と呼ばれるものの1つで、会社法によって定められた制度です。この株式を持つ人は、株主総会において特定の議決権を制限されます。

円滑な事業承継を行う上で、権力の分散や株主総会での混乱を防ぐ目的で発行されるのが一般的な例であり、後継者以外の株主に議決権制限株式を持たせることによって、議決権を後継者に集中させることが可能となります。

≫質問一覧へ戻る

◆ じっくり検討してみませんか?

あなたの会社には、もっと良い事業承継の方法があるかもしれません。 ≫承継方法を比較する

親族に承継する 従業員等に承継する 廃業・売却を検討

PAGE TOP