相続・贈与に関する税制

Q:「遺留分」って何ですか?

A: 「遺留分」とは、法定相続人(配偶者、子供など)に最低限の承継権利を保障したものです。
被相続人は、一部例外を除く(※)すべての法定相続人に対して、最低でも遺留分の額については分配しなければならないことが法律で決められています。つまり「特定の相続人の分配額をゼロにする」といったことができない仕組みであるということです。

これは遺言書を作成する際にも考慮しなければならない事項です。遺留分を無視した分配を行って、相続時にトラブルが起こらないよう配慮することも必要となります。

※被相続人や先順位の相続人に対し、殺害、傷害、重大な侮辱などの罪を犯したことを理由に相続の資格を失った場合(相続欠格、相続廃除)や、相続の権利を拒否した場合(相続放棄)などについては、法定相続人の資格を失います。

≫質問一覧へ戻る

◆ じっくり検討してみませんか?

あなたの会社には、もっと良い事業承継の方法があるかもしれません。 ≫承継方法を比較する

親族に承継する 従業員等に承継する 廃業・売却を検討

PAGE TOP