相続・贈与に関する税制

Q:相続税と贈与税の違いは何ですか?

A: 「相続税」は、人の死亡に伴って財産が他に移転する際に課される税金を指し、
「贈与税」は、あらゆる贈与によって受け取った財産に対して課せられる税金を指します。

これを事業承継にあてはめれば、経営者が亡くなった後に承継が行われる場合は相続税が適用され、経営者が存命の間に行われる承継(生前贈与)には贈与税が適用されます。

≫質問一覧へ戻る

◆ じっくり検討してみませんか?

あなたの会社には、もっと良い事業承継の方法があるかもしれません。 ≫承継方法を比較する

親族に承継する 従業員等に承継する 廃業・売却を検討

PAGE TOP