相続・贈与に関する税制

Q:生前贈与を行う際、課税の対象となる財産の範囲は?

A: 贈与によって取得した財産のうち、経済的価値を持ったものであれば、有形、無形を問わずすべてが課税の対象となります。

慈善事業、学術事業といった公益事業用として認められる財産や、冠婚葬祭などの社交上において使われる金品などは対象となりません。また法人からの贈与による財産は、所得税の課税対象となります。

≫質問一覧へ戻る

◆ じっくり検討してみませんか?

あなたの会社には、もっと良い事業承継の方法があるかもしれません。 ≫承継方法を比較する

親族に承継する 従業員等に承継する 廃業・売却を検討

PAGE TOP