iamge iamge

これがフランチャイズ・成功のヒント!

これまでお読み頂いた中で、フランチャイズビジネスによる「チャンスをつかめる可能性」、
そして「リスクの怖さ」が、いろいろな面でお分かり頂けたかと思います。

フランチャイズを活用した起業、そして経営を成功させるには、
理想と現実のバランスをよく考え、メリットとデメリットのバランスをよく見きわめながら、
確かなデータや情報のもとで不安なく開業できる体制を作れるかどうか。

1にも2にも、よく考えて慎重に行動していくことを基本に心がけましょう。

フランチャイズビジネスの成功に向けた主なポイントを、以下に改めて記しておきます。

自分の目指す道に、フランチャイズの活用が向いているのか?

第1章でも触れましたが、フランチャイズへ加盟する前に検討すべき判断があいまいだと、後になって取り返しのつかない事態が起こる恐れも十分に考えられます。また独自開業も含め、フランチャイズ以外の方法で起業した方がいい場合もあることを認識しておきましょう。

自分のやりたいこと、実現させたい起業の形がフランチャイズのやり方でも可能なのかどうか、どの本部なら安心して開業できる環境が整っているのか……ここはフランチャイズありきで考えるのではなく、加盟の是非も含めてしっかり検討、吟味を重ねることが大切です。

資金は? 制約は? 契約時は細心の注意と慎重な確認が必要!

フランチャイズに限らずですが、一旦契約してしまったら、基本的に後戻りはできません。
何百万、何千万というお金が動くビジネスですから、安易な早計や確認ミスは高い確率で命取りになると思っておきましょう。

初期の準備費用がどのくらい掛かるのか、そして開業後の資金的余裕(これも大変重要です)も含めて、トータルでどれほどのお金を用意しておかなければならないのか、さらには実際の経営において、本部からどれほどの制約を受けることになるのか、など、本部が提示する条件に合わせた開業前後のシミュレーションを万全に行った上で、契約するかどうかの判断を下さなければなりません。

担当者に言われるがままで、理解を持てずに不安が募るようなら、税理士や公認会計士といった第三者からのアドバイスを必ず仰ぎましょう。

契約時におけるやり取りは、「早く開業したい、早く独立したい」という気持ちをぐっと抑え、条件が悪ければ白紙に戻すことまで想定して、冷静に対応しなければならないことをしっかり認識すべき場面なのです。

本部のノウハウは素直に受け入れるべし。しかし受け身になるべからず!

フランチャイズビジネスの原則としては、企業の経営理念に沿った形で開業し、本部が考える方向性に従う形で店舗運営を行っていくことが大前提となります。当初の契約に逆らって自分のやり方にこだわったり、本部の指示に従わずに経営を進めたり、という姿勢は、企業にとってのフランチャイズの意義そのものが失われる行為となりますので、慎まなければなりません。

しかし、フランチャイズビジネスに100%の成功保証はないのです。本部のノウハウを受け入れて経営する必要はありますが、経営そのものを本部に依存することは好ましくないといえます。

統括するのは本部ですが、店舗の運営責任は経営者にあります。フランチャイズ店舗を安定した形で経営していくためのポイントは、本部のスーパーバイザーとの信頼関係が非常に重要だといえるでしょう。

常にコミュニケーションを欠かさず、経営者としての意見や提言を、本部に対してはっきりと出せる風通しの良さを保つことが理想であり、それが売上アップを目指すための大きな要素にもなるのです。

店舗オーナーとしての意識をしっかりと持って、自分の手で成功を引き寄せるための努力は怠らないようにしましょう。

何でも1人でやろうとせず、専門家のアドバイスも聞きながら……

フランチャイズは複雑な仕組みのもと、フランチャイザーとなる企業、フランチャイジーとなる経営者、それぞれの思惑や利益追求のバランスを取るのが非常に難しいビジネスモデルといえます。

店舗経営者にとっては、加盟するフランチャイズを選ぶ段階から、相応の知識や判断材料を持ち合わせた上で、契約から開業までのプロセスを慎重に歩んでいかねばならない厳しさが伴うことになるでしょう。

フランチャイジーとして、確信が得られるまでの判断が常にできるだろうか。間違った選択をしたがために、失敗や大きな損失を呼ぶことにならないだろうか。現実を次々と目の当たりにする中でわき上がるのは、希望や期待よりも不安の方が大きいかもしれません。

そんな時、頼れる存在となるのが第三者の声。
法律やお金といった重要な問題に対しては、その道のプロに教えを請うのが何よりも得策です。

第3章でも触れましたが、特に契約時における内容の把握、了承、詳細の確認など、キャリアの無いフランチャイジーにとっては困難な状況も生まれがちな場面で、税理士や公認会計士、弁護士といった専門家からのアドバイスは大きな助けとなることでしょう。また開業後においても、外部からの経営サポートとして契約しておくことで、万が一のトラブルや資金繰りのピンチなどを解決するための良き相談相手として、力になってくれる心強い存在です。

顧問契約するまでの金銭的な余裕がない場合には、経営相談の窓口という形で受け付けている税理士や会計士もいます。1人で悩み、1人で何とかしようと思うのではなく、困った時に相談できる「頼れる存在」を持っておくことは、日々の経営においても非常に有益な要素となることでしょう。

iamge

iamge 成功のヒント! iamge

PAGE TOP