iamge iamge

脱サラで独立!個人起業でもフランチャイズなら……

一般企業での勤続も15年を超え、管理職になって収入も安定していたので、このまま定年まで過ごすのも悪くはなかったのですが……やっぱり1度きりの人生ですから、どこかで挑戦したいという気持ちが自分の中でずっと残っていて、それがもうすぐ40になろうかというこの年になってもずっと引きずったままでいたので、後悔しないためにも、独立を決心しました。

若い頃と違ってそれなりに金銭的な蓄えがあり、妻の理解も得られたのが何よりです。相談した結果、夫婦でカフェを経営することになりました。学生時代にレストランでアルバイトをした経験はありますが、飲食業に関してのノウハウはゼロに等しかったので、商標を使えるだけでなく、開業前にしっかり研修が積めるフランチャイズに加盟する方法を選びました。

独立したい、お店を経営したいという強い思いはあっても、現実は厳しいもので、なかなか簡単に叶えられる理想ではありません。

資金をはじめ、開業にあたっての知識やノウハウといった数々の蓄えはもちろん、どんな業態をどういう立地にどのタイミングで出すのか、といった判断力や慎重さも大いに問われるのが、商売というものです。

フランチャイズとは?

フランチャイズとは、企業が経営者に対して、商号・商標の使用権、経営のノウハウなどを与える代わりに、一定額の対価(ロイヤルティ)をその見返りとして徴収する小売の形態です。フランチャイズとは、企業が経営者に対して、商号・商標の使用権、経営のノウハウなどを与える代わりに、一定額の対価(ロイヤルティ)をその見返りとして徴収する小売の形態です。

フランチャイズビジネスを運営する企業を「フランチャイザー」
加盟店となる事業者を「フランチャイジー」 と呼びます。

●フランチャイザーがフランチャイジーに与える主な権利

  • フランチャイザーの商標やロゴマーク、チェーンの名称などを使用できる権利
  • フランチャイザーによって開発されたサービスや商材を使用できる権利
  • フランチャイザーが発信元となる情報などを経営に利用できる権利
  • フランチャイザーが持つ独自の経営ノウハウを享受し、利用する権利
  • フランチャイザーによって行われる経営指導やサポートが受けられる権利

フランチャイザー側としては、商標や自社商品、サービスを使用する権利などを与えることで、少ない資本でロイヤルティによる収益を得ながら効率良く店舗拡大を目指すことができ、フランチャイジー側にとっては、店舗を経営するひと通りの下地を準備してもらえることで、事前に経験や知識を持っていなくても経営者になれるのが大きな特長です。

フランチャイズ加盟から開店までの流れ

・業態の選択、初期費用の設定
ここが最初のステップにして、最も大事な場面の1つといえます。
自分のやりたいこと、自分に見合った商売が、フランチャイズ加盟に向いている業態なのかどうか、しっかりと見極めた上で、どれだけの資金を用意しておかなければならないのかを踏まえて、事前の研究や下調べといった準備を十分に行っておかなければなりません。

 ↓ 

・加盟するフランチャイズ探し
かつては雑誌や広告の情報をもとに探すのが主でしたが、インターネットでの検索も随分と便利になりました。
開業資金の目安やロイヤリティの支払額、研修の内容など、掲載されている情報をよく読んで諸条件をしっかり把握しておきましょう。

 ↓ 

・問い合わせ、資料請求
気になったフランチャイザーがあれば、なるべくたくさん資料請求をして、しっかりと比較・検討しましょう。
後々の契約時、そして契約後のトラブルを防ぐためにも、不明な点や疑問があれば、問い合わせてクリアにしておくことも必要です。

 ↓ 

・フランチャイズ本部担当者との面談
加盟したいフランチャイズが見つかり、フランチャイザーが求める条件と一致すれば、いよいよ条件担当者と直接会っての面談となります。
フランチャイジーには、フランチャイズ企業の経営理念や方針に沿った店舗運営が求められますので、ここでの意思統一や相互理解は不可欠です。
また面談の場で、検索媒体や資料に記されていない契約条件が新たに出てくる場合も考えられますので、その場で加盟を即決せず、話し合った内容を持ち帰って再度検討し直す慎重さも、忘れず持っておくようにしましょう。

 ↓ 

・加盟の申し込み、フランチャイズ契約
希望するフランチャイザーとの条件が合えば、フランチャイズへの加盟申し込み、ならびに契約を行います。
当然ですが、契約書の読み合わせや内容の確認はきわめて慎重に行いましょう。フランチャイズへの加盟料や開店準備における指導料など、必要な初期費用も通常はここで支払うことになります。

 ↓ 

・(新しく店舗を建てる場合)
  店舗物件選び、賃貸契約、店舗設計、工事契約、施工
店舗を構える物件を選び、諸契約の手続きを行い、設計、工事と、事が進めばやるべきことも増えてきますので、スケジュールを立てて1つ1つ、焦らず丁寧にこなしていきましょう。フランチャイザーに頼ることなく、進行やコストの管理については経営者自身の手で行うことが大切です。

 ↓ 

・事業計画の決定
これも大変重要な部分です。フランチャイザーの力を借りるとはいえ、経営するのはあくまで店舗経営者なのですから、事業計画のみならず、目標設定や資金繰りの計画などもしっかりと立てて、お店を運営する立場としての自覚をしっかりと持つようにしましょう。

 ↓ 

・オーナー研修
フランチャイザーの経営理念を改めて確認した上で、経営のノウハウをここでしっかりと身につけます。
既存店舗での実地研修が主となりますが、フランチャイズゆえに自分勝手なことはできないという意識を忘れることなく、これから入ってくるスタッフにもちゃんと教育できるレベルになるまで、確実に習得しましょう。

 ↓ 

・スタッフ募集、面接、採用
オープニングスタッフとして一緒にお店を作っていく仲間を採用します。オーナー研修で得た経験とノウハウが、さっそく生かされる場となります。
面接は単なる人選びではなく、経営者としての思いをしっかりと伝え、それを理解してもらえるようにコミュニケーションを取る場でもあることを忘れないように。

 ↓ 

・店舗竣工、店舗実習、開店準備、店舗宣伝
スタッフも決まり、店舗も完成すれば、いよいよ店内でのシミュレーション、そして開店へのカウントダウンです。
フランチャイザーから教わったノウハウを、今度は自分が店舗スタッフに教える立場となります。抜かりのない研修でスタッフ全員の意識を高めましょう。また、オープン日にたくさんのお客様に来てもらえるよう、予告宣伝も大切な集客要素となりますので、しっかり力を入れて行いたいものです。

 ↓ 

・開店!! 
晴れてオープンとなりました。でも、経営者としての本当の挑戦はこれからです。
無理のない計画や資金繰りで、やがて直面するいろんな困難や問題を冷静に対処できるように頑張りましょう。もちろんフランチャイザーをはじめ、経営者仲間や顧問税理士など、多くの人々からのサポートやアドバイスを参考にしながら経営を進めるのも大事なことです。店舗経営は基本的に難しいものだという認識のもと、いざとなった時に相談できる窓口は、なるべくたくさん作っておきましょう。

iamge

iamge 起業のチャンス! iamge

PAGE TOP

無料お申し込み

届出書類まるごとサービス

  • 前営業日
    19
  • ご利用件数
    6367

サービス開始日2009年4月より

社長!資料は提出されましたか?

今すぐ一発検索

創業間もない方へ

注目の税理士紹介

税理士 池上 弘美 様

税理士
池上 弘美 様
詳しくはこちら

税理士 乾 裕彦 様

税理士
乾 裕彦 様
詳しくはこちら

税理士 柴田 健一 様

税理士
柴田 健一 様
詳しくはこちら

税理士 片山 和博 様

税理士
片山 和博 様
詳しくはこちら

「お助け隊」コンテンツマップ

会社設立前の方に

株式会社設立ひとりでできるもん

株式会社設立ひとりでできるもん

http://www.venturabiz.com/

専門家よりも早く安く会社設立!
会社を設立するあなたには、このサイトが絶対お薦めです。会社を設立するにあたり、専門的知識が必要になる書類作成が、システムにしたがって入力するだけで簡単に作成できます。

じっくりと腰を据えて税理士を探される方に

T-SHIEN

T-SHIEN

http://www.taxaccounting-shien.com

日本最大級の税理士総合サイト
予算、対応業務、口コミなど、さまざまな条件に応じて、自社にマッチングする税理士を探せます。匿名で全国の税理士事務所から見積を集めることができるシステムを提供。

賢者の選択

ベストベンチャー100