上場(株式公開)に向けて

多くの経営者が、創業期の大目標として掲げる「上場」。

株式公開とも言い換えられるように、自社の株式を市場、つまり証券取引所に公開して、一般投資家による売買を可能にすることを意味します。

株式公開によって得られるメリットは数々ありますが、「事業資金が得やすくなる」 「会社の知名度、信用度がアップする」の2点だけでも、会社にとっては非常に大きなアドバンテージとなるのです。

会社は自社の株券を幅広く売りに出せるわけですから、資金を得るための窓口が格段に広がることにつながります。さらには上場企業というブランドを、銀行からの融資や新卒の求人などにおいて有効に活用できることも魅力の1つといえるでしょう。加えて従業員にとっても、上場企業の社員であるという要素が「住宅ローンを組みやすくなった」などの恩恵を生むケースがあるといいます。

しかしその反面、株券を買った人は自社の株主となるわけですから、経営についての監視のみならず、株主総会の場において質問や意見を発する権利も持つことになります。会社に投資してもらっている株主に不安感を与えるような経営では、結果的に株式の価値、そして株主の価値においても大きな影響を及ぼしかねません。

上場企業になるということは、事実として自分の会社が不特定多数の厳しい目にさらされることを意味します。よっていい加減な経営、あるいは独善的な経営が断じて許されない状況になるのを、当然のように覚悟しておく必要があるといえます。

上場が認められるには、一定の純資産や利益、公開株式数などを満たすこと、必要な項目が記載された財務諸表等の提出など、非常に厳しい審査基準をクリアする必要があります。そして上場後の経営においても、今まで以上の緊張感をもって臨まなければなりません。

安定した経営はもちろん、社内管理についてもあいまいな部分を排除した公正な運営が行われていると判断されなければ、上場は認められないのです。

上場の目標を達成するためには、単に利益を上げることばかりに目を向けるのではなく、一人前の会社として常に適正な業務を行うことを意識する姿勢、そして経営者としての十分な資質も必要であることを肝に銘じて、頑張っていきましょう。

iamge

PAGE TOP