人員補充のポイント(正社員)

会社経営にとって人材の問題は、経営者の頭を悩ませるテーマの1つに挙げられるでしょう。それでも現在では雇用形態も多様化しており、会社の状況やニーズに適した合理的な人員補充ができるようになりました。

手が足りない業務を任せられるだけの、能力を持った人に入ってもらいたいのはもちろんですが、会社というのは人間関係も大切な場所。特に正社員として採用する場合には、経営方針や事業の方向性、職場環境に対しての理解も、面接の場においてしっかり求めておきたいところです。

正社員の場合、新卒を採用するにはそれなりの選考期間、ならびに教育も含めればかなりのコストを要しますので、設立間もない会社にとって現実的ではありません。

よって中途採用が一般的となりますが、年齢や業務経験、資格など、欲しい人材の条件を明確にして、求人広告を出す段階である程度の絞り込みを行っておくことが必要です。また、求人誌や求人サイトに出稿すれば多くの応募者が見込めますが、選考にも時間を要することになります。さらには相当の費用が掛かりますので、資金面での思案も忘れないように。

社員採用の場合、入社時には保険や年金に関する諸々の手続きも必要となりますので、こちらも忘れずに覚えておきましょう。

iamge

PAGE TOP